24 10月
2017

これからSEO対策をしようとしている人たちは、SEO対策をやみくもに始めるのではなく、まずは注意点や間違えやすいところも把握しておく必要があります。
○情報だけでなく関連づけて導線を設計するのも大事
自社のサービス名や商品名など、ユーザーが特定のキーワードを打って検索すると、サイトトップや商品ページへランディングする可能性が高いです。これを考慮して、そこから導線をしっかり設計しておく事も、SEO対策においては必要です。
SEO対策においては、特定のキーワードとランディングページを想定し、ページやコンテンツ設計を行うことも重要です。ユーザーが興味のあるポイントについて、情報を与える事ももちろん重要です。
○ユーザーが他に知りたい情報へ導線を張る
以前まではwebサイトは営業ツールの一つにすぎなかったので、営業力の強い企業だと詳しい内容は営業担当が説明するので問い合わせを、というスタンスでした。
そのため必然的にWebサイトの情報は簡潔な場合が多かったのです。
最近ではスマートフォンに合わせて作っている事もあり、とてもシンプルなwebサイトが増えてきています。このようなwebサイトが悪いわけではなく、現在のユーザーはweb上で情報収集していき、比較検討し、問い合わせることが当たり前になっているため、情報量やリンクが少ないとユーザーに見てもらう事すらできないという問題が出てきます。
比較検討の土台にすら乗らないといった事を防ぐためにも、SEO設計が必要です。というより、これはSEOのためだけでなく、これはwebマーケティングにおいて常識的な事ですよね。SEOチェックとは?

コメントはまだありません未分類

No comments


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL