6 8月
2017

企業が生き残っていくためにも、マーケティングは欠かせません。マーケティングでは、データドリブンなマーケティングを実現させるためにも分析が必要です。情報収集する軸さえ固めておけば、あとは手元にあるデータをもとに、「分析のフォーマット」にあてはめて分析していけばいいだけです。あとは分析から得られる様々なものを、どのように生かしくかが重要です。
今回は、マーケティングの分析において、わかりにくい用語について解説していきましょう。
○コンテンツ別コンバージョン数
コンバージョンというと難しそうに聞こえてしまいますが、webサイトを発信している各コンテンツごとのコンバージョン数を計れば、今後のコンテンツ設計の参考にできるものです。最もコンバージョンを獲得したランディングページやブログ記事を即座に把握できれば、分析にもより磨きがかかります。勿論コンテンツはwebサイトだけではなく、Eメールでも確認できると尚いいです。
マーケティングの分析法も評価するための指標も、どれも簡単に分析できて情報収集できるものばかりでしょう。
重要なのは「分析するだけで終わる」のではなく、分析や指標によって得られた事を、どのようにマーケティングに生かしていくかという事です。
このスキルを磨いていくためには、何度かの分析や指標計測を行う事が大事なので、積極的にマーケティング分析など行っていく必要があります。本記事はマーケティングの分析方法についてを参照しました。

コメントはまだありません未分類

No comments


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL