15 6月
2017

“marketing”

オウンドメディアという言葉を意識していなくても、日頃からユーザー視点でサイト構築していれば、それがオウンドメディアマーケティングという事になります。
そのためオウンドメディアマーケティングという言葉自体には、あまり大きな意味はないのです。さほど意識していなくてもいいでしょう。しかしこの言葉は、これまでのブログやサイトが商品視点に偏っていないかどうか反省するきっかけにもなります。それでは今回、オウンドメディアマーケティングはどうやってすればいいのかについてご説明していきましょう。ぜひご参考にしてみてください。


1サイトのページ数は100種類以上にする
オウンドメディアマーケティングを行うなら、1サイトのページ数は100種類以上あった方がおすすめです。100ページはあくまで目安ですが、このくらいのボリュームがなければ上位に上がってこないので、オウンドメディアマーケティングとして成り立ちません。そもそもユーザーのアクセスがなければメディアとも言えないですし、アクセス数を増やす事は昔と何も変わらず重要なポイントとなります。


記事を消費者のニーズと結びつける
ページ内容は利用者の関心を惹きつけるだけでは不十分です。コンテンツマーケティングとはコンテンツ間の競争ではないのです。単に役立つ情報を提供すればいいわけでなく、ライバルよりも優れていなければなりません。


検索ユーザーのニーズを把握しているか?
各ページでは冒頭が肝心です。最初に利用者の興味を惹きつけなければいけません。利用者の関心を言葉にしていきましょう。伝えたい事を伝えるのではなく、利用者が知りたい事を発信していくのです。


各ページには検索ワードは決まっているかどうか?
ページ数が多くても、対象ワードがはっきりしていなければ上位表示は期待できません。まずは「ページを増やしていく」という考え方が最初の一歩です。ページ数だけでは成果が出ない事も知っておきましょう。

オウンドメディアマーケティングについてより詳しい情報はオウンドメディアをご覧ください。

コメントはまだありません未分類

No comments


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL