26 5月
2017

“minna”


さる4月21日、Googleは新しいモバイルアルゴリズム戦略を発表しました。この変化は、Googleが「モバイルフレンドリー」と判断されるウェブサイトを最も優先的に検索順位最上段に上げることです。もし運用しているウェブサイトは、モバイルに最適化されない場合は、ターゲットオーディエンスに応じて少しずつ違うが、全体のトラフィックの3分の1近くを失うことになる可能性があります。


Googleが使用しているGoogleのボット(Googlebot)は、モバイルに最適化されたサイトを選別するために、あなたのCSSやJSファイルをスキャンします。
Googleはページの基礎(Page basis)に基づいてページ内で、そのサイトのモバイル最適化を判断することになるでしょう。
現段階でのタブレットの検索結果は、Googleの新しいアルゴリズムに影響を受けません。(ただ、モバイルのみ)
小さなテキストとフラッシュ映像は、あなたの携帯電話に最適化のために問題が発生することです。
Googleは彼らの評価基準に基づいて、画像や他のコンテンツの読み込み時間を測定されます。
アプリのダウンロードや、他の様々な形の隙間広告は、あなたの携帯電話に最適化状態に悪影響を与える可能性があります。


ここでは以下提示する3つの方法は、デスクトップとモバイルの経験においてところででの経験を提供してくれることができる最も広く使わ方法です。


反応型のWeb(Renponsive Design) – ディスプレイサイズに合わせて自然にページのサイズが揃います。
動的な配信(Dynamic Serving) – ページは、それが映し出されているデバイスを認識し、適切なコードを提供することになります。
代替可能なモバイルページ(Alternate Mobile Page) – モバイル利用者は、特にモバイルに合わせて設計された独立したURLを付き添われます。


モバイルファースト(Mobile First)戦略は、現在、デジタルマーケティングの選択はなく、必須とされてしまいました。モバイルデバイスからのWebトラフィックの増加に伴い、デザイナーはこれをさらに拡大するための方法を研究中です、ますます小さくなっているディスプレイで総合的な情報が含まれたページではなく、初期の携帯に合わせたデザインで、その答えを探しているところです。


Googleのモバイル親和性のテストを行って下さい。
ページのデザインがモバイルにどのように最適化されていることを確認します。


- > https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/


GoogleのモバイルSEOガイドを確認してください。
Googleは非常によく整理されたモバイルSEOガイドでモバイル検索の戦いで勝利するように手伝ってくれています。


-

> https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/

デジタルマーケティング分析とは?

コメントはまだありません未分類

No comments


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL