10 5月
2017

「キーワードマーケティングとは、特定のキーワード(検索キーワード)を入れて、検索結果のページにサイトが表示されるようにする広告として、その情報を希望する利用者のみをターゲットにし露出されて最も効果的な広告として考えられています。


キーワード広告は、課金方式に応じてCPC(Cost Per Click)とCPM(Cost Per Millenium)に分けることができます。 CPCはクリック単価を支払う方式であり、CPMは、一種の月の定額制広告とすることができます。


CPC広告の二大山脈とすることができるオーバーチュアとAdWordsです。


オーバーチュアは、Yahooの子会社であり、AdWordsでは、Googleの広告システムです。現在、世界的にインターネット1位(グーグル)と2位(ヤフー)の会社がキーワード広告市場でも競争している状態です。世界的には、Googleの広告収入がヤフーを軽々と超えています。


クリックをした場合にのみ費用が発生するため、実際にホームページへと訪問者が訪問したときにのみ費用が支払われる利点を持っています。ほとんどのポータルでは、CPC広告を上部に配置させているので、CPCはキーワード広告の最も代表的な形態と考えていいと思います。


CPM(Cost Per Millenium)


より古典的な方法の広告で1,000回(Millenium)露出されたときを基準に広告を策定する一種の定額制方式とすることができます。つまり、実際のクリックによる訪問とは関係なく、キーワードの前月インプレッションを基準に月の利用料が策定されます。


実際の露出数がなく、前月インプレッションを基準に月の広告費が策定されるので、どのよう露出されるかわかりません。そして露出とクリックが正比例することもないので、CPM広告を執行する時よりもクリックが多く起こるように戦略的に行うことが重要です。


決定的にCPC広告の序曲とAdWordsより検索結果の下部に位置するのはやや比重が低い広告方法とすることができます。


CPM(Cost Per Millenium)方式自体に欠点があるというよりは、ポータルや広告代理店の立場からクリック単価を持って、広告主が競合するCPC(Cost Per Click)方式が収益性が向上します。そのため、ポータルや検索エンジンでCPC(Cost Per Click)方式の広告が上位に露出されるため、CPC(Cost Per Click)方式が主流で固まるのが実情です。


広告ではなく、自然検索で露出させる方法も、キーワードマーケティングと見ることができます。この場合、広告主とはSERP 10位以内入り時の金額を受ける成果型で、通常進行がされます。自然検索に対応するためのキーワードのマーケティングツールも少しずつ登場しているが、国内では、代表的にリスニングマインドがあります。

本記事はSEOを参照しました。

コメントはまだありません未分類

No comments


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL